突然なってしまっては困る中折れ、
原因を突き止めておきましょう。
中折れの心因性の原因!

緊張しないためには女性の裸に見慣れるべし

壁ドンしている男性

初体験の時、男性は緊張のあまり中折れしてしまうこともあります。
基本性行為は男性のリードによって進行していきますが、初体験の場合慣れていないためスムーズに事を進めることができません。
失敗したらどうしよう、女性に嫌われてしまうのではとプレッシャーを感じてしまいますが、それこそがそれが中折れの原因です。
中折れは心因性のものが多く、実際にこれで悩んでいる男性は沢山います。
一度中折れになると復活するのは難しく、挿入することもできず性行為が続行できないばかりか、女性が満足できないまま終了しますし、女性も自分に魅力が無いのではと自己嫌悪に陥らせてしまうこともあるでしょう。
これが原因で恋人関係が破たんしてしまうこともあります。
中折れするのは決して女性に魅力が無いからでも愛が無いからでもありませんが、女性は男性の体のことは分かりませんのでいくら説明しても理解してもらうのは難しいでしょう。
男性自身のプライドにも関係してきますし、一度の失敗経験から慢性的な中折れ症状を引き起こしてしまう可能性もあります。
問題を解消するためには、初体験は失敗して当たり前だと思うようにしてください。
失敗を恐れる気持ちが中折れを引き起こしてしまうからです。
女性の中には、中折れする男性をいくじなしだと嫌う人や悪口を言う人もいますが、そのような人は基本体だけが目当ての思いやりのない人ですので、そんな人には嫌われても問題はありません。
信頼関係のある人と性行為をするなら問題はないでしょう。
最初はうまくいかなかった性行為も続けているうちに慣れていき中折れしなくなります。
徐々に成功していけばもうプレッシャーもなくなりますし、緊張することもなくなるでしょう。
自分一人だけが悩んでいるわけではないと思ってください。
他にも同じような悩みを持っている人は沢山います。
自分だけが欠陥だと思うとつらくなりますが、同じ悩みを持った人が沢山いると思えば心も少しは楽になります。
通販の薬局で中折れ用の薬が売れている現実を見てください。
男性が絶対にリードしなければいけないという風に思うのもやめましょう、女性のほうが経験人数があるならリードしてもらえばいいでしょう。
女性がリードしたほうがうまくいくこともあります。
慣れてくれば自分の方からリードすればいいですし、未経験なら経験人数が豊富な男性と同じ技術など誰も求めていません。
ありのままの自分をさらし、童貞であることを恥ずかしいと思わずに女性に接するようにしましょう。

過去に中折れしたトラウマはAVで治療

どうしても過去の中折れがトラウマになって解消しない場合には、AVを見て女性の裸に慣れておくという方法があります。
初体験の時は女性の裸を見るのが初めてでそれだけで緊張してしまい中折れを引き起こすこともありますが、AVを見て女性の裸に慣れておけば、いざ実物の裸を見た時にも免疫ができるため緊張しなくなります。
昔とは違って、AVはレンタルせずネットで簡単に動画を見られる時代です。
借りる時の恥ずかしさもありませんし、性行為のシミュレーションにもなるので見ておきましょう。
色々あるAVの中でも割と激しいものを見てください。
女性をきれいなものと思っている人は少し幻滅するかもしれませんが、早くから幻滅しておいたほうが本番の時に幻滅しなくて済むようになります。
最近では色々なタイプのAV女優がいますが、自分の奥さんや彼女に近いタイプの女優さんが出ている物を見るとより現実的にシミュレーションできます。
1つ注意してもらいたのは、あまりAVで自慰をしすぎないことです。
やりすぎますと自分のやり方でしか射精ができなくなる可能性があります。
トラウマは薬や病院での治療で解消することもできますが、恥ずかしい思いをしたり、怪しい薬を飲むよりもリスクのない方法ですのでお勧めです。